この夏、特別に湯崎漁港の⽔揚げLIVE!&試⾷体験を実施

水揚げライブ〜この夏、特別に湯崎漁港の⽔揚げLIVE!&試⾷体験を実施〜

フィッシャーマンズワーフ⽩浜では、夏休み企画として、南紀の鮮⿂がフィッシャーマンズワーフのある湯崎漁港へ⽔揚げされる様⼦を⼀般に公開し、漁師の仕事を広く観光客の皆様に知っていただき、体験していただく「⽔揚げLIVE!&試⾷体験会」を実施します。

⽩浜湯崎漁港には15⼈の漁師が漁を⾏っています。南紀は⽔産資源の宝庫で⼀年中豊富な⽔産物がありますが、夏にはイサギ、イカ、サバ、アジ、ウツボ、ナガレコそしてクエなど様々な鮮⿂が捕れます。湯崎港では早朝、⽇中⾏い漁獲に合わせて⽔揚げを朝と午後に適宜実施しています。この度、和歌⼭南漁業協同組合所属の漁師が中⼼となって運営しているフィッシャーマンズワーフ⽩浜では、⽩浜町農林⽔産課と共同で湯崎港ならではの新鮮な⿂⾙類の⽔揚げを、インバウンド客も含め広く観光客の皆さんに⾒学していただき、試⾷して
いただくことで、新鮮な南紀の鮮⿂の魅⼒を知っていただき、漁業観光を⽩浜の新たな魅⼒として広めて⾏きます。⼦ども達の夏の想い出、外国⼈観光客の⽇本の想い出として漁業観光の推進の⼀助になればと考えております。

実施概要

期間

● 2016年7⽉15⽇〜8⽉31⽇(予定)
  ※週末⾦曜⽇、⼟曜⽇、⽇曜⽇を中⼼に適宜実施
● 実施時間午後2時30分頃実施予定
  ※天候、漁獲量により実施できない時もあります。

内容

● 湯崎漁港桟橋での⽔揚げ⾒学(15分程度)
● 獲れたて鮮⿂試⾷会
● 漁師による鮮⿂BBQ(有料)

特記⽔揚げLIVEの実施については前⽇及び当⽇にフィッシャーマンズワーフ⽩浜のホームページでお知らせいたします。